離煙パイプとは?特徴や効果など

離煙パイプの多くは、例えば「完全な禁煙はしないけどニコチンの摂取は減らしたい」といった方に向けて販売されています。一般的な取り扱い方としましては、普段ご自身が吸っているタバコの吸引口に取り付けて使用しますので、かなり手軽に取り入れやすいアイテムと言えるでしょう。離煙パイプには目に見えないほどの小さな穴がたくさん開けられており、タバコと一緒に空気を吸い込むことでニコチンの摂取量を徐々に減らしていく、という特徴があります。多くの商品には1番から31番までの数字が表記されています。

順に使用していきますと、番号が進むにつれて約3パーセントずつニコチンが減っていくという仕組みになっており、いつも通りタバコを吸っているだけで「知らない内に禁煙に成功していた」、という状態を作り上げるのが目的です。本来は1ヶ月で禁煙を目指すものとして販売されていますが、ニコチン量が多い強めのタバコを好んでいる方は2回使用することもお勧めされています。例えば、「1回目を終えたら1ミリのタバコに替えてもう1度挑戦する」といった具合です。効果に関しましては、ニコチン依存症となってしまっている方にも比較的チャレンジしやすく、「離煙パイプを使用したら禁煙に成功できた」という方も実際に存在しているとのことです。

また、ニコチンが身体から抜けていくことによって「肌の調子が良くなった」といった嬉しい効果を感じる声もあげられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする