離煙パイプは使い方がとても簡単

離煙パイプの使い方はとても簡単で、1日目は1番と書かれたパイプを付けてから普段通り煙草を吸い、2日目は2番・3日目は3番と毎日順番に付け替えながら、普段通りに煙草をすっていきます。1日に吸う本数に制限はなく、最後は31番まで変えながら吸っていきます。それぞれのパイプは前の日よりも約3%ニコチン量を減らし、少しずつ体内へ摂取する量を減らしていけます。この1日約3%は微量な違いで煙草の味や香りはそのまま、普段通り煙草を吸いながら31番まで続けていくと、最後はニコチンを95%もカット出来ます。

例えばニコチン量が0.1mgのタバコだと、31番の離煙パイプを付けて吸うとニコチン摂取量は0.005㎎になります。これは吸わない人が空気を吸っているときに摂取するニコチン量と同じ数値で、煙草を吸いながらもほぼ禁煙レベルまで減少できるのがメリットです。ここまでくると体内に残っていたニコチンも減少していて、ニコチン依存症がなくなれば煙草をほしくないクリーナ体に戻ります。離煙パイプを31本まで使ったらその後はタバコをやめるだけで、止めるのが難しいのはニコチンに依存症があるためで血中濃度が下がると体が自然と求めますが、これが肉体的依存です。

長年の習慣で煙草を吸わないと口が寂しくなったり、手持無沙汰だと感じるのが精神的依存です。2つの依存が禁煙を邪魔してくるため難しいと言われてます。ただ、パイプを31番まで使った後ならニコチンへの肉体的依存がなく、残るは習慣の精神的依存だけで口が寂しいならガムや飴などタバコ以外のもので変えることが出来るので、後は割と楽に禁煙が出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする