離煙パイプで煙草がやめられます

タバコは簡単にやめられるものではないので、禁煙を先延ばしにする人は少なくありません。喫煙者にとって最も辛いことは、タバコが吸えなくなることです。一箱吸ったらもうやめようと思っても、結局また買いに行ってしまうことが多いです。タバコにはニコチンが含まれているので、依存するのは仕方ないことです。

ただ習慣化されていたり、精神的に依存しているような場合はもっとやめることが難しくなります。タバコをやめると数週間ほどでニコチンは体内から排出されます。その頃には離脱症状に悩まされることもなくなるので問題ないのですが、それまでは辛い思いをすることになるでしょう。また精神的に依存している場合は吸えない状態に陥ると、もっと辛くなってしまいます。

結局はやめることができなくて、再び吸い始めてしまうはずです。本気で禁煙したいと考えているなら、離煙パイプを活用しながら取り組んでみてはいかがでしょうか。離煙パイプならすぐにタバコをやめる必要はありません。普段吸っているタバコに離煙パイプをつけて、そのまま吸っているだけで大丈夫です。

段階は踏んで少しずつ煙の量を減らすので、違和感がありません。いきなり煙の量が減ってしまうと辛くなりますが、離煙パイプは徐々に減らしてくれるので自分でも気づくことはないでしょう。だんだん吸わなくても大丈夫になっていきますし、ニコチンも体内から排出されていきます。いつの間にかタバコを吸わずにいられるようになるので、メリットが大きいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする