様々なトラブルを回避できる離煙パイプ

離煙パイプの良いところは、通常の禁煙グッズで起こりそうなトラブルを色々と回避できるところです。例えば、パッチのように体に貼り付けるものはニコチン依存の状態からは抜け出せても、口寂しさを感じることがあります。口寂しいと一度意識してしまうと非常に気になってしまい、仕事にも身が入りません。そんな時には飴やガムを利用する人もいますが、禁煙しているという意識から物足りなさを感じて結局は我慢できずに吸い始めてしまうことがしばしばあります。

離煙パイプなら、いつも通りにタバコを吸えるので口寂しさを感じることはありません。特に喫煙がルーチンになっている人にとって、吸う行為自体を止めずに禁煙できるのが非常に大きなことです。ニコチンの体内濃度が徐々に下がっていきますので、急な低下が見られるケースと比較すると楽に過ごせるのもメリットです。基本的に離煙パイプをつければ何本吸っても構いませんが、番号に応じてカットされているために体内濃度はその時のレベルに応じたラインまでしかあがりません。

1日進むごとにカット率は上昇し、意識しなくても自然と体内濃度が低下している状態に慣れていきます。最後の方に近づくと、いつものように吸いたいとは思わなくなっていることに気付きます。これが離煙パイプの最大の特徴とも言える部分であり、タバコを吸うことに意識がいかなくなっているから不思議です。意志の弱い人でも離煙パイプなら止められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする