失敗しにくい離煙パイプ

離煙パイプが失敗しにくいと言われるのには理由があります。仕組み自体が他の禁煙グッズとは異なり、基本的にはいつ戻りのペースでタバコを吸いながら禁煙を目指す方法です。タバコを吸うのを我慢すること自体がストレスとなるため、ずっと我慢していると我慢しきれなくなって吸ってしまうという失敗があります。これを回避するにはなるべくストレスをため込まないことが大事ですが、禁煙にストレスはつきものです。

その問題を解決してくれるのが離煙パイプであり、パイプには番号がふられていますので順番通りに使用します。順番通りのパイプをつけてタバコを吸うだけで禁煙に成功するのは不思議に感じるかもしれませんが、実はこれは特殊なパイプになっていて、ニコチンを上手くカットしてくれる仕組みです。摂取するニコチンの量が段階的に減らされるようになっているため、体の変化に気付くことなく禁煙の成功に近づけます。セット内容が31個になってることからも分かりますが、短ければ31日間でチャレンジは終了です。

最終的には吸いたい気持ちも無くなって、スムーズに止められていることが多いようです。タバコを吸わないと口寂しさを感じるのも失敗の要因になりますが、離煙パイプを使う場合には通常通りのペースで吸えますので口寂しさを感じることはありませんし、吸いながらニコチンを減らせるので効率的と言えます。このように整った環境の中で失敗する場合、直にタバコを吸った等の基本的な過ちを犯しているケースのみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする