• 認定駐車場のメリットとデメリット

    自走式駐車場には国土交通大臣の認定を受けたものがありますが、通常のものと比較して様々なメリットがあるため導入する際の負担の軽減になります。

    建築物であるため防災性能も必要とされており、これを満たすためには多くの設備を揃えなければならないので費用が高くなりますが、認定駐車場であれば事前に厳しい基準をクリアしているので設備の設置条件が緩和されているのが大きな特徴です。
    隣接する建物との距離が近いと火災の際に延焼する危険性があるため高さに応じて距離を空ける必要がありますが、緩和によって距離を短くできるので土地が無駄になりません。
    見た目を悪くしてしまう耐火被覆も不要になるので外観が損なわれずに済み、防火区画も少なくなるので駐車効率を高められます。

    これらの設備が簡易化できるので工期が短縮化され、工事にかかる費用も抑えることができるので、可能であれば認定駐車場を利用した方が良いでしょう。

    話題になっている認定の駐車場を知りたいならご活用ください。

    メーカーで認定駐車場は一般的に取り扱われているものなので、2階建てから6階建てまで様々な規模に応じたものを導入できるので便利です。
    認定駐車場のデメリットは少ないですが、基準をクリアするために材質や構造などがシステム化されているので、各階層の高さや利用できる面積が制限されているなど自由度がありません。



    しかし、決して高さが低かったり面積が狭くなる、利用できないタイプがあるということではないのでメリットに比べると小さな問題です。