• 多層式になった認定駐車場

    賃貸マンションや業務用ビル、デパートなどといった建物がひしめきあっている市街地の中心部では、駐車場の台数が不足しがちとなってきます。

    認定の駐車場サイト利用者からとても評判です。

    しかし簡単だからといっていわゆる平面駐車場を設置しようとしても、その用途にあてられる土地は限定されており、たとえできたとしても十分な駐車台数が確保できないおそれがあります。そこでこうした場合にメリットが大きいのは立体駐車場の設置ですが、これも建築基準法上の建築物として、建築確認をクリアするだけのさまざまな条件を満たした設計をしなければならず、時間とコストがかかることはあらかじめ覚悟しておかなければならないといえます。しかし同じ立体駐車場を建設する場合であっても、あらかじめ大臣認定を受けているような製品であれば、大幅に時間とコストを短縮することができます。



    この大臣認定というのは、国土交通大臣が定めた技術的な基準をクリアしていることが公的にも認められた製品のことを指しています。



    したがって防災設備の設置基準を緩和できるなど、数々の法律上の条件の簡素化が図られていますので、個別に設計からはじめるよりはかなり有利となります。


    こうした大臣認定駐車場を建設する場合ですが、現在では5層6段構造という多層のものまでがラインナップに加わっているため、ほとんどの場合に対応が可能です。そのかわりとして壁面のデザインをオリジナルなものにするなどといった、構造上の改変が認められない部分もあります。


  • 駐車場の納得の真実

    • 自走式駐車場には国土交通大臣の認定を受けたものがありますが、通常のものと比較して様々なメリットがあるため導入する際の負担の軽減になります。建築物であるため防災性能も必要とされており、これを満たすためには多くの設備を揃えなければならないので費用が高くなりますが、認定駐車場であれば事前に厳しい基準をクリアしているので設備の設置条件が緩和されているのが大きな特徴です。...

  • 駐車場のサポート情報

    • ホームセンターやスーパーマーケットなどの店舗では自走タイプの立体駐車場をよく見かけますが、これは以前であればただの工作物とみなされていたものの、現在では建築基準法にいう建築物の一種として処理されているため、新設する場合には建築確認などの法令にもとづく手続きが必要となってきています。その結果として図書作成をはじめとする申請にかかる金銭的なコストや、審査のための時間をあらかじめ十分に見積もっておかなければならなくなっており、駐車場ひとつをとってみても簡単にはいかない状況です。...

  • 駐車場の納得の情報

    • 自走式駐車場は機械を使用しない方式の立体駐車場であり、ランニングコストの低さと複雑さのない使いやすさがメリットです。運転して移動させるだけなので特別なメンテナンスを行わないと故障が頻発して使えなくなることがないためメンテナンス費用は安くなり、駐車場自体の耐用年数も機械式よりも長くなっています。...

  • 駐車場のみんなの常識

    • 自走式駐車場とは2階建て以上の平置駐車場の事です。2フロア以上の駐車場の事を立体駐車場と呼ぶ事がありますが、立体駐車場には機械式の駐車場もあります。...